東武鉄道は200型臨時列車を運転します。今回就役30周年を記念して、北舘林解体場・南栗橋車両管区見学ツアーを実施すると発表しました。

ツアー時刻表

今回のツアーは浅草駅9時08分、館林駅経由で北舘林車両解体場に10時30分に到着、約40分間見学したあと、館林駅、東武動物公園駅南栗橋駅を経由して12時23分に到着、南栗橋車両管区転削13番線で降車、14時10分に南栗橋を出発、15時05分に浅草に到着します。

旅行代金

旅行代金は大人1万6800円、こども1万5200円です。募集人数は190人で、これは新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、半分に設定されています。1名参加の場合は2席を1人で利用でき、グループ参加のみ相席になります。

概要

ツアーのポイントとしては解体線に入り車両見学、200型プレートのレプリカ、側面方向幕のレプリカ、記念乗車券の3点は記念品として、200型の実物シートを事前販売応募会2席1セットを限定10セットを予定しています。

お弁当とお茶が車内で発売されます。

運転日は2021年3月27日の㈯、コース番号096013です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事