2020年12月4日、2020年春(3月14日)のダイヤ改正から運行が決まっていたE261系「サフィール踊り子」で251系「スーパービュー踊り子」を置き換えることが報道されました。

これにより251系スーパービュー踊り子は2020年3月13日をもって引退・廃止となります。

「サフィール踊り子」は所得が高い人をターゲットにした列車に

Twitterより引用( https://twitter.com/hamakazeB747/status/1197341090942083072?s=20 )

「スーパービュー踊り子」は「サフィール踊り子」に置き換えられますが、所得が高い人向けのリゾート列車となる予定です。

プレスリリースより

スーパービュー踊り子では通常より高い特急料金である「A特急料金」が適用されていましたが、サフィール踊り子ではさらに高い「プレミアムグリーン車」が8両編成全てで連結される予定です。

サフィール踊り子の1回乗車当たりの料金が1万円は超える?

Wikipediaより引用

現在のスーパービュー踊り子でのグリーン料金(東京~伊豆急下田)は5040円で、運賃含めると1回乗車当たりの料金は約9000円です。

あくまで予想ですが、「プレミアムグリーン車」になった場合は3000~6000円はプラスとなりそうなので、運賃含め1回の乗車は1万2000円~1万5000円となるのではないかと予想しています。

東京~新大阪間の新幹線料金に相当する金額になるのでかなり強気な価格設定にはなると思います。それでも乗りたいというお客様の獲得に注目したいですね。

料金が1万円を超えてくるのは間違いないでしょう。

特急踊り子がどう変わるのかも予想してみましたのでそちらもご覧ください。

関連記事

https://japan-railway.com/entry/2019/11/30/131353
https://japan-railway.com/entry/2019/12/02/084957
https://japan-railway.com/entry/2019/11/29/133803
鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事