阿佐海岸鉄道は「さよなら列車満喫ツアー」の実施をすると発表しました。日程は2020年11月1日に実施されます。

また、今回のさよなら列車満喫ツアーを実施するのは28年間活躍したASA-100形・300形が引退に伴って行われるということです。

今後阿佐海岸鉄道線では列車による運行ではなく、DMVでの運行に切り替わることとなります。

「さよなら列車満喫ツアー」実施内容は?旅行代金は? DMV・MICも見れる

 

今回の「さよなら列車満喫ツアー」ではかなり鉄道ファンにとっては嬉しい体験が多いのではないでしょうか?

体験できる内容としては、車庫見学・DMV体験・MIC見学・洗車体験・運転士体験・臨時列車に乗車することができます。

MIC見学とはモードインターチェンジの略称で、鉄道としての機能から車としての機能にDMVを切り替えるためのスロープとなっていてその見学をすることが今回のツアーでは可能です。

旅行代金は海部~甲浦間の往復運賃大人560円、子供280円となっています。(車両基地内での安全確保の観点から小学生以上で参加が可能です。)

応募は郵送・またはメール・FAXで2020年10月12日までに応募が必要となります。(はがきのみ消印有効)募集人数は30人です。

車両基地見学の旅行代金としては560円は破格ですし、時間に余裕がある方は参加してみてもいいのではないでしょうか?

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事