10月3日、カシオペア紀行長野行が運行されました。それに伴い北千住では過去最悪級の騒ぎとなりました。一体何があったのか一連の出来事をまとめました。

久しぶりのカシオペア紀行長野行は撮り鉄で台無しに

wikipediaより

「カシオペア紀行」は上野から長野を常磐線、馬橋支線、武蔵野線、国立支線、中央本線、篠ノ井線経由で走りました。

毎回撮り鉄も含め人気の高い列車なのですが、新型コロナウイルス蔓延が原因でしばらく運休になっていて今回の便が再開して初めての長野行でした。また牽引機が茶釜と呼ばれるEF64 1052という人気の高いものだったのも騒ぎが大きくなった原因だと思われます。

手頃な撮影地として人気のある北千住のエキセンは今回過去最悪級に大荒れでした。通過の10時間以上から待機している人も居ましたが後述する騒動によって全て水の泡になりました。

最終的に通過の1時間前ぐらいから人が増え始め数えきれないほどになり、警察・駅員・警備員がフル動員されました。

身勝手な撮り鉄から三脚没収 逆ギレし駅員を犯罪者呼ばわり

https://twitter.com/Sanma_veryshort/status/1312313137253683200?s=19
https://twitter.com/genmai_189/status/1312304506390999040?s=19
https://twitter.com/cwyIA2rTa7K3ZTI/status/1312314626000916481?s=19

ホーム上が混雑しているにも関わらず三脚を使う人が何人も居ました。そのため駅員は注意をしましたが聞き入れずやむを得ず没収する事態になりました。

しかし三脚を預かられた撮り鉄は反省するどころか、駅員を窃盗だと犯罪者扱いして二度と来ないと逆ギレする暴挙に出ました。来ないことに関しては全面的に肯定しますが、再三ルールを破っておいて少し実力行使に出られると騒ぎ出す度胸は理解を超えるものです。

https://twitter.com/0tel2315/status/1312291715244453889?s=19

三脚騒動もあり人も増えて騒ぎが大きくなったことからついには大量の警察官が出動してしまいました。この時点で鉄道会社だけでは手に負えなくなったということで普通に考えたら異常事態です。撮り鉄は鉄道会社や行政に多大な損害を与えていることにはカメラのファインダーを覗くのに必死で気づいていないようです。

警察が出動しとんでもない騒ぎに

警察が出動したことにより荒れ果てていたエキセンにテコ入れが入ります。詳しくは記事で紹介していますが、特に危ないエリアは完全に立ち入り禁止となり警察官の周りには広くスペースが開きました。さすがの撮り鉄も警察相手に手を出したり突破することは出来ず大人しくなりました。駅員をどれだけ舐めていたか一目でわかります。

https://twitter.com/sakapon2670/status/1312306896368406528?s=19

動画の内容を文章だけ読みたい方のために文章起こしをしましたのでご覧ください。

1つ目の動画

警察:ちょっと約束して貰いたいことがあるんだけど。線路側に行くとね、わかるよね電車好きだからね、どうなっちゃう?バラバラになっちゃうよね。みんながね。

撮り鉄:(笑い声)

警察:はいはいはいだから怪我をしないように。

撮り鉄:(ざわつく)

警察:怪我をしない!押さない!走らない!いい?これ約束してね。

撮り鉄:(ざわつく)

警察:聞いてー。そしたらえーと1番いい場所この辺りなのかな?

撮り鉄:いや1番前1番前なんですよハハハハハ

警察:そこちょっと危ないから

(ここで撮り鉄の1人が場所を確保しようと警察官を無視して場所取り)

警察:もう〜やめろよ〜(呆れ)

撮り鉄:(笑い声)

警察:ちょっとそこはね、あのー駅員さんと話し合ってね、そこは協力してね

撮り鉄:はーい

警察:怪我のないようにだけしてもらいたいから。いい?

撮り鉄:はーい

警察:はーいそれじゃあよろしくお願いしますー

撮り鉄:はーい

2つ目の動画

撮り鉄:DJポリスだDJポリス

警察:あのほら今ね、撮り鉄の人がね、ほらマナーが悪いようになってるでしょ?そしたら君たちみんながこれから大人になっていくと困っちゃうから。そうでしょ?

撮り鉄:(笑い声)(罵詈雑言)適当なこと言うなよ!おい!

警察:我々はね、みんな怪我しないようにね、して貰いたいからこうやって来てるからね。

撮り鉄:うん

警察:いい?みんな撮りたいのわかるよ。わかるけど、怪我がないようにね。

撮り鉄:素晴らしい(煽り気味)

警察:しっかり気を使ってください。いい?

撮り鉄:はいはい

警察:わかった人手を挙げて

撮り鉄:はーい

警察が拡声器を使って呼び掛けをしている様子も見られました。第一に怪我がないようにすることを徹底させると共に撮影がしたい撮り鉄に歩み寄るような発言もありました。

ところが撮り鉄は警察が出動している重大さを認識できず発言のほとんどを笑いや中身のない相槌で受け流しました。警察から撮影場所の希望を聞かれた時だけ態度を一転させ口々に主張しましたが、そこは危険な場所だったため駅員と相談するように促されました。

撮影場所の話になった途端封鎖が開放されると思ったのか警察を突破し我先にと場所取りをする人が出ました。もちろんすぐに元居た位置に戻されましたが、これには警察官も呆れた様子です。

また別の警察官は「撮り鉄のマナーが悪い」と明確に言い「大人になったら困るよ」と親切に助言をしましたが、ヤジが飛び交い警察官に対して暴言を吐く人が多数いました。

警察官の呼び掛けは明らかに撮り鉄の年齢層に合っておらず幼稚園向けのようでした。もちろん下手に出て撮り鉄を手懐けるための警察官の機転ですが、レベルを下げられていることに気づかない撮り鉄は優しくしてくれていると勘違いをして調子に乗ってしまいました。

そもそも何故警察が居るのか、何を言われているのかを理解すれば普通恥ずかしいという感情は生まれるはずですが、全くもって正反対でお祭りのように状況を楽しんでいるようでした。

得られたものの少なさとあまりにも大きな代償

https://twitter.com/Te2_10/status/1312293558129315840?s=19
https://twitter.com/vvcupXGVTMDnNIt/status/1312294543782363137?s=19

結局鉄道会社や警察の温情もあってエキセンは開放されたのですが、見るに堪えない地獄絵図となりました。多くの人がこれだけの騒ぎを起こして撮影のために労力を注ぎましたがややまともな写真が撮れたのはほんのひと握りです。

駅員によると今後さらなる対策強化をする可能性があるとしていて、撮り鉄が払った代償は少なくないようです。既に上野駅はホーム立ち入りや撮影を禁止する処置が取られており、北千住も後を追うことになるでしょう。

「DJポリス」「税金配給」などネタ発言をすることは否定しませんが、自分らが当事者で迷惑をかけているのにゲラゲラ笑っているのは撮り鉄というより人として終わっているように思えます。

警察官が言っていた通り「大人になったら困る」というのが身に染みてわかる日がいつか来るのではないでしょうか。

次回のカシオペア紀行は10月17日の青森行です。次回もこのような事態になると益々「鉄道ファン」の皆さんの肩身が一部の迷惑行為によって狭くなってしまうのではないでしょうか?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事