JR東日本は仙石線で運行している205系車両を新型車両E131系で置き換える予定であることが、JR東日本労働組合資料から発表されました。E131系車両は宇都宮線・日光線・相模線に投入される予定で、いずれも老朽化した205系車両を置き換える形となっています。

仙石線でもワンマン運転実施か?205系は数年後には見納めか

【205系引退】仙石線向けE131系投入へ JR東日本発表

今回発表された資料には、「べスプラによる新型車両に関連して(E131系予定)」との記載があり、205系車両を置き換えることが示唆されています。宇都宮線や相模線の置き換え計画が労働組合資料から発表された後、JR東日本の公式発表までは1年前後で発表されていることから、2022年~2024年の間に置き換えが開始されるものと思われます。

一部仙石線が直流から交流に切り替わる等のうわさもありましたが、今回のE131系導入で直流電化が確実になった形となりました。

公式発表や車両製造の情報など今後の動きに注目です。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事