1月27日、キヤE195系オクST-20編成+ST-21編成が青梅線で試運転を行いました。

青梅線でキヤE195系の試運転

尾久車両センター所属のキヤE195系ST-20編成+ST-21編成が、国立から青梅で試運転を実施しました。青梅線への入線は今回が初で、乗務員訓練でした。

中央線国立駅折り返しで数往復運転され、最初の一往復は青梅駅まで、それ以降は拝島駅折り返しでの運転でした。

現状八王子−箱根ヶ崎間で不定期にある、レール輸送のための工臨は拝島駅貨物線には入線しますが、青梅まで行くことは設定されていません。今後何らかの変更があるかもしれません。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事