JR四国 113系 2019年3月のダイヤ改正で引退へ

JR四国 113系 2019年3月のダイヤ改正で引退か

2019年1月13日(113系の日)に旅行会社「ワープ」高知支店で主催されたツアーにてJR四国の113系は次の2019年3月のダイヤ改正にて引退することが発表されました。

2019年1月15日現在、JR四国から公式に引退のアナウンスはありませんが、鉄道に関連したツアーを多く企画している旅行会社「ワープ」からの発表なので、確定とまではいきませんがかなり信ぴょう性は高いでしょう。

また、JR四国からも113系団体列車の運行が発表されたため、引退の時期はかなり近いものと思われます。

JR四国113系引退のアナウンスの瞬間

参加したツアーの方からは「やっぱりかー」という声が聞かれました。うすうす気づいていた方もいらっしゃったんですね。

JR四国113系引退で瀬戸大橋を渡る普通列車が消滅

こちらは公式で瀬戸大橋を渡る普通電車が2019年3月のダイヤ改正で消滅することが決まっています。また、現在JR西日本と相互で乗り入れをしている115系についてはJR四国内への乗り入れがなくなります。

おそらく、瀬戸大橋を渡る普通列車の消滅がJR四国113系が引退するきっかけになったと思われます。

これに伴い、瀬戸大橋を渡る列車の種別は全て快速や、特急のみとなります。

もし、113系との思い出がありましたらコメントをしていってくださいね!

JR四国113系ツアーの様子

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です