鮮魚専用車両が連結される列車のダイヤまとめ

2020年3月14日のダイヤ改正後から鮮魚専用車両を快速急行・急行列車に1両連結して運行されます。また、鮮魚列車については2020年3月13日をもってラストランとなりました。今回は鮮魚専用列車が連結される列車についてまとめてみようと思います。

2020年3月14日ダイヤ改正後の鮮魚専用車両(鮮魚列車)のダイヤは?

鮮魚専用列車はこのような「魚」の柄のついた車両で運転され、10両編成(名張まで6両)のうち1両が鮮魚専用列車となります。ダイヤ改正前は名張より先ではこれまで8両編成で運転されてきましたが、10両編成での運行に変更となるため、一般の乗客にとっては1両増車となるため一般客への影響はないと考えてよさそうです。

今まで、鮮魚列車として運行されてきた理由として「魚の臭い」がありましたが、鮮魚専用車両連結でも「魚の臭い」の対策についても注目したいですね。

運行日は平日・土曜日から平日のみに変更

また、運行日についてはこれまでの平日・土曜日運転から、平日のみの運転となります。そのため、3月14日は土曜日のため運休となりますので、運行開始日は2020年3月16日の月曜日から運行が始まります

運行区間は松阪~大阪上本町間で上り列車は途中の名張までは急行として運転しますが、同一車両で大阪上本町まで運行します。平日運行で1往復運転されます。

※かっこ書きは到着時刻となります。これは特急列車の退避などのために5分程度停車するためです。特記がなければ初時刻を記載しています。

上り列車(大阪上本町行き)のダイヤ 平日のみ運行

  • 【名張行き 急行 6両編成】松阪6時44分→伊勢中川6時52分→東青山7時7分→西青山7時14分→伊賀上津7時17分→青山町7時21分→伊賀神戸7時24分→美旗7時27分→桔梗が丘7時30分→名張7時34分着
  • 【大阪上本町行き 快速急行 10両編成】名張7時38分→赤目口7時41分→室生口大野7時47分→榛原(7時53分着)7時57分→桜井8時6分→大和八木8時13分→大和高田8時17分→五位堂8時22分→鶴橋8時43分→大阪上本町8時46分着

下り列車(松阪行き)のダイヤ 平日のみ運行

  • 【松阪行き 快速急行】大阪上本町8時54分→鶴橋8時57分→五位堂9時18分→大和高田9時21分→大和八木(9時26分着)9時32分→桜井9時37分→榛原9時46分→室生口大野9時52分→赤目口9時58分→名張(10時1分着:名張で4両切り離し)10時5分→桔梗が丘10時8分→美旗10時11分→伊賀神戸10時14分→青山町10時17分→榊原温泉口10時31分→伊勢中川10時41分→松阪10時48分着

このようなダイヤになっています。2020年3月16日からは鮮魚専用車両が連結されるため、特に近鉄大阪線は注意が必要ですね。是非鮮魚専用車両を知らない人がいたら教えてあげてください。

関連記事

気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です