中央・総武線を走るE231系0番台のミツB80,82編成には6ドア車という通常は1車両片側ドアが4ヶ所ずつなのに対して6ヶ所ある車両が組み込まれています。そんな6ドア車なのですが、本日をもって両編成が運用から離脱するのでJRから完全に消滅することになります。

意地でもダイヤ改正に間に合わせたい

https://twitter.com/oqaw27B_Sobu512/status/1238266440978796544?s=19

6ドア車は約14年間の活躍に幕を下ろしました。これらの編成は武蔵野線転属のために改造されるのですがその際6ドア車は外され廃車となります。1日に2編成離脱することなど普通はないのですが、意地でもダイヤ改正までに4ドアのみに統一したかったのでしょう。

https://twitter.com/117takecyanman/status/1236575649608822786?s=19

6ドア乗車口ステッカーも少しフライングですが3月8日に剥がされています。

関連記事

https://japan-railway.com/entry/2020/03/03/135337
https://japan-railway.com/entry/2020/03/10/184532
https://japan-railway.com/entry/2020/03/12/151604

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事