JR東日本は普段運転されない大館から秋田行きのリゾートしらかみで使用されているくまげら編成で運転が行われます。

列車名は臨時快速「大館アメッコ市」号で当初運転区間を大館~湯沢、湯沢~秋田で運転する予定でしたが、この列車が運転時刻を変更される形で運転がされます。

大館→秋田行き臨時快速の運転日・時刻表

今回運転される臨時快速「大館アメッコ市」の時刻表は大館12時41分発→秋田14時50分着で運転されます。

運転日は2021年2月13日、14日に運転され、使用車両はリゾートしらかみくまげら編成4両で指定席と自由席が運転されます。

大館・早口・鷹ノ巣・二ツ井・東能代・森岳・鹿渡・八郎潟・井川さくら・大久保・追分・土崎・秋田です。

指定席の発売日は1か月前の10時から発売します。

運転区間を大幅に縮小 当初は秋田経由で湯沢まで行く列車だった

今回運転される列車は大舘~秋田間で、当初は秋田を経由して大舘まで運転される予定でしたが、運転区間が縮小されています。

また、横手から秋田行きの臨時快速列車は2月13日に運転される予定でしたが運休となっています。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事