1月7日、JR東日本は3月13日のダイヤ改正で実施予定だった終電繰り上げを来週以降に前倒すことを発表しました。

終電繰り上げを前倒し方針に

JR東日本は緊急事態宣言が発表された1都3県の知事からの要請を受けて、3月13日のダイヤ改正に予定していた終電の繰り上げを前倒しする方針を固めたことと発表しました。

神奈川,埼玉,千葉,東京の1都3県への緊急事態宣言の発表に伴い、7日夜に各知事からJR東日本に対して終電の繰り上げの前倒しについて協力を求める要請がされました。

利用者の混乱を避けるために実施の時期については、一定の周知期間の後で行いたいとしていて、早くても来週以降となる見込みです。

ダイヤ改正では房総・鹿島エリアでのE131系ワンマン運転が予定されていました。終電繰り上げは前倒しになるものの、新型車両投入は早められないので何らかの調整がされると思われます。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事