JR西日本は京都鉄道博物館でJR四国の「藍よしのがわトロッコ」を特別展示すると発表しました。

京都鉄道博物館「藍よしのがわトロッコ」特別展示概要

展示期間・展示場所・梅小路配給日程・入線セレモニー

展示期間は2021年2月20日土曜日~3月16日火曜日までで、休館日を除いた毎日で見学が可能です。

展示場所は本館一階「車両のしくみ・車両工場エリア」で展示車両は藍よしのがわトロッコ(キクハ32-501、キハ185-20)です。

梅小路配給の詳細な日程は公開されていませんが、2021年2月19日の開館中に入線する予定となっています。

また入線セレモニーについては実施されないということで、新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては展示内容が中止・変更になる場合がある他、JR四国・JR西日本の営業線を使って輸送するため、途中で輸送上の理由によっては展示を中止、関連イベントの中止の可能性があります。

外から車内見学・物販店・観光紹介

今回藍よしのがわトロッコの車内に立ち入ることはできませんが、展示期間中の営業時間内で、車外に設置したステップから藍よしのがわトロッコの車内を見学するイベントが行われます。同期間中に徳島県の観光情報の紹介も行われます。

その他、物産展が2月20・21日、3月14日に実施、徳島県の物産展、JR四国によるグッズ販売を実施するということです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事