JR東日本はE235系の営業運転を開始すると発表しました。営業開始日は2020年12月21日より開始となります。

導入される編成は全部で745両(11両×51編成・4両×46編成)で、そのうち2020年度は8編成導入120両(11両が8編成・4両が8編成)が導入されます。

E235系の運行区間は?「電子レンジ」というあだ名も

運行開始される路線は横須賀線(東京~久里浜)、総武快速線(東京~千葉)、外房線(千葉~上総一ノ宮)、内房線(蘇我~君津)、総武本線(千葉~成東)、成田線(佐倉~香取、成田~成田空港)、鹿島線(香取~鹿島神宮)です。

現在、横須賀総武快速線の一部区間では4両編成での運転が行われており、運行開始後から4両編成単独で運用に入るかどうかについても注目されます。

新型車両E235系は鉄道ファンからはその見た目から「電子レンジ」というあだ名を付けられている車両になっています。

新型はグリーン車にコンセントとWi-Fiが付いてくる

今回横須賀・総武快速線に導入される新型車両はデジタルサイネージが車内に設置され、車内が一新されます。

また、グリーン車には新しい設備としてコンセント・無料Wi-Fiが設置され、よりビジネスの方にとっては利用しやすくなります。

新型車両E235系に変わって嬉しいと思う利用客は多いのではないでしょうか?

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事