JR各社は、東海道新幹線・東北新幹線・北陸新幹線などで展開している公衆電話サービスについて、2021年6月30日をもって終了することを発表しました。

公衆電話撤去 一体なぜ?

今回JR各社(新幹線が走っていないJR四国を除く)は近年携帯電話の普及とトンネル内全てで携帯電話での通話が可能になったことから新幹線の車内で提供している公衆電話を撤去するということです。

JRは今後新幹線の車内では携帯電話での通話をしてもらうことを呼び掛けているほか、公衆電話を利用する際には乗車前に予め駅に設置してあるものを利用するように呼び掛けています。

サービス終了日:2021年6月30日(6月7日から順次公衆電話が利用できない列車が発生するということです。)

消えていく新幹線の文字ニュース・公衆電話

JR東海では2020年に、JR東日本も2021年3月13日のダイヤ改正以降文字ニュースを終了すると発表しており、長らく新幹線の車内にあったものが消えていくことになります。新幹線の車内から公衆電話を掛けられるのはあと3か月となりました。

もしかすると新幹線を利用してきた人の中には公衆電話での思い出もあるかもしれませんね。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事