7月21日、房総・鹿島地区向けの新型車両E131系マリR01編成とR02編成が配給輸送され、首都圏初となる自走をしました。

E131系の後を追う209系

https://twitter.com/airsection/status/1285446313102864384?s=19

残念ながらE131系と209系が並ぶ姿は見られませんでした。E131系の後に209系が続く形になり、徐行しているからか新型車両に旧車が怯えてるとも捉えられますね。

https://twitter.com/keiyou209500/status/1285535697319809026?s=19

車内LCDは搭載されているものの、千鳥配置を呼ばれる1画面かつ片側に交互での設置でした。単色LEDとはいえ209系には全てのドア上に案内が表示されるので、ネット上ではせめて簡易的なものでのいいから全てのドアにつけて欲しかったと言われています。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事