グリーン個室(4人用・6人用)と復活した食堂車について紹介 気になるヌードルの味は?

個室は4人用と6人用が用意されています。写真は6人用個室で全体的に木目調の落ち着いたデザインになっています。足元も広く話をするにもちょうどいい距離感で、先ほどのグリーン車・プレミアムグリーン車と比較しても一番欠点が少ないように感じます。

また、料金についても割安に感じます。というのも定員を満たしていれば、1人あたりの料金がグリーン車の座席料金と同じ金額で乗ることができます。

もちろん、人数を6人あるいは4人集めなくてはなりませんが、それでも「特別感を味わえる」「プレミアムグリーン車に比べ割安に利用できる」ということを考えれば、個人的にはグリーン個室という選択肢が一番いいのかなという風に思います。

実は「プレミアムグリーン車」「グリーン個室4人用の2人使用」はほぼ同じ料金

そしてこちらがグリーン個室の4人用です。対面で全員と話せる配置になっています。もし夫婦やカップルで利用する際にはこちらの方がドアを閉められるため、プライベート空間を確保するためにも「グリーン個室」の方がおすすめです。

実は運賃も含めた東京~伊豆急下田までの料金は「プレミアムグリーン車」「グリーン個室の4人用の2人使用」の料金はほぼ同じです。(運賃・料金は以下に記載)

  • プレミアムグリーン車(1人あたり):11430円
  • 4人用個室(2名利用時で1人あたり):11990円

料金を比較してみると差額はわずか560円。二人きりのプライベート空間を楽しむための金額と思えば安いものだと思います。

是非、旅行の行くまで帰るまでを二人きりの時間で過ごしてみるのもありかなと思います。

グリーン個室のもう一つのメリット ヌードルを個室まで持ってきてもらえる

実際にグリーン個室に乗った際にアテンダントさんがヌードルの注文・デリバリーのために個室まで来てくれます。(許可をもらい撮影)

今回ヌードルとおにぎりのセット(1100円)を注文しました。確かに高いと思う方もいると思いますが、車内で調理したものを食事として提供してもらえる付加価値を考えれば妥当な金額だと思います。

おにぎりもちゃんと具材にこだわった「サザエ焼き」が入っていました。正直ここまでちゃんと作られていると思いませんでした。

今回10人でグリーン個室(4人用・6人用)に乗車しましたが、みなさん揃って「美味しかった」という感想を持たれていました。

逆にサフィール踊り子に乗った際に「ヌードル」を頼まないと逆に損した気分になると思います。是非乗車した際には注文しましょう。

グリーン個室でお湯を沸かして日清のカップヌードルを食べれる?

こちらはグリーン個室にあるコンセントです。よく見ると「1400ワットまで使えます」という表記がされています。湯沸かし器自体の定格出力は700ワット程度なので十分使えると考えられます。

推奨はしていませんし、実際に日清のカップヌードルをお湯を沸かして食べたわけではないですが、理論上はやろうと思えばやれるということになります。

コンセント出力が足りないということがないように設計されたのかもしれませんね。

まさかの食堂車(カフェテリア)復活! ただし、グリーン個室の人はここでは食べられない

今回「サフィール踊り子」では食堂車が復活しました。名前は食堂車ではなくカフェテリアですが、車体のには「サシ」と食堂車を示す記号が書かれています。

JR東日本管内で旅行商品専用列車以外で乗車することのできる列車で、かつ調理場が設けられている列車としては「サフィール踊り子」だけです。寝台特急が消滅してしまった今、こうした体験は貴重です。

カフェテリアについては事前に「サフィールpay」で予約する必要があり、当日でも空いていれば予約をすることができますが、事前予約で埋まってしまっている場合もあるので注意が必要です。確実に食べたいのであれば、事前の予約(現金・交通系IC)・購入(クレジット決済)をお勧めします。

残念ながらグリーン個室の方は個室へのデリバリーとなり、カフェテリアではヌードルを食べることができません。カフェテリアでどうしても食べたい人は「グリーン車」「プレミアムグリーン車」に乗車しましょう。

ヌードルの提供が新型コロナウイルスによって中止している場合があるためあらかじめ乗車前に確認をお願いいたします。

サフィール踊り子の比較まとめ どのグリーン車を選ぶべき?

やはり圧倒的にグリーン個室に乗車するのがコスパが良く、かつプライベート空間を確保できるというところで個人的にかなり評価しています。できればグリーン個室に乗ることをおススメします。

また、4人用個室を2人利用することで夫婦やカップルの方のプライベート空間をプレミアムグリーン車の料金に1人560円足すだけで確保できるというメリットはかなり大きいでしょう。

ただ、グリーン個室ではカフェテリアでの食事ができないため、そこはデメリットなのかなというところはあります。

1人利用で「特別感」を味わいたいのであれば、プレミアムグリーン車がおすすめです。ただし、圧迫感を感じる場合があるので、進行方向一番前の座席を選んだ方がよさそうです。

何か分からないことがあればコメント欄にてお知らせください。是非サフィール踊り子での旅行がいいものとなりましたら幸いです。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事