JR高崎線は北鴻巣駅で発生した車両故障の影響で運転を見合わせ、大幅に列車が遅延しています。また、上野東京ラインは直通運転を中止、湘南新宿ラインにも遅れが出ています。

【高崎線車両故障】床下から発煙の情報 床下の蓋が外れるほどの爆発が起きたか

実際に車両故障が起きた列車の床下部分です。

床下部分を見てみると本体は閉じていなければいけない蓋が開いてしまっています。これは蓋を吹き飛ばすほどの爆発があったという推測ができます。少なくとも発煙は確認されていたということです。

床下部分には列車に走行に必要なモーターなどが格納されており、そこで故障が起きれば列車は当然動けなくなるケースもあり、運転席には故障という表示が出ることもあります。

快速・特別快速は大宮行きに変更 最大で約100分遅れ

 

JR高崎線は現在のところ東京方面の列車は上野東京ラインが直通運転と中止になっているため、小田原行きなどは全て「上野行き」に行き先が変更となっています。

また、湘南新宿ラインに直通するはずだった、「快速・特別快速 小田原行き」が「大宮行き」に変更となっています。直通先の湘南新宿ラインを利用する方はご注意ください。

高崎方面に向かう列車で最大約100分遅れの列車が発生しています。ご利用の際にはご注意ください。(8月10日16時20分現在)

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事