JR九州は筑豊線を運行する305系電車に「トレインチャンネル福岡」を搭載すると発表しました。

これによりJR筑肥線・福岡市営地下鉄空港線で「トレインチャンネル福岡」が見れるようになり、JR九州305系電車で運転される列車は車内でニュースや天気予報が確認できるほか、有料広告を配信するということです。

【2020年11月1日から運用開始】「トレインチャンネル福岡」用のLCDが新規設置

今回JR305系に設置がされるのは後付け式のモニターで従来の駅名の案内モニターに加えて、トレインチャンネル福岡用のLCDを設置します。

JR東日本グループの株式会社総合車両製作所(J-TREC)と株式会社ジェイアール東日本企画(jeki)が開発した「後付け式車内ビジョンシステム(TrainViewer+K/トレインビューワープラス K)」という製品で、JR東日本新潟支社で先行導入していたものに改良を加えて今回設置した形となっています。

設置されるJR305系電車は全部で6両編成6編成。設置個所は1両当たり8か所で17インチのLCDが合計で288台新規で設置されます。

広告は1本15秒で7万5000円で有料広告媒体を配信するということです。

今回のニュースなどの配信はLTE回線を使用してそれぞれ親機が子機に対してデータ通信をWi-Fiで制御する仕組みとなっています。トレインビュワーとWi-Fiのはそれぞれ独立して設置されています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事