JR西日本で運転されている特急「サンダーバード」が、通常大阪~金沢間で運転されているところを姫路始発の旅行商品専用の団体臨時列車として運転します。

なお、阪急交通社から旅行商品が発売されましたが、予約が殺到し11月17日現在「予約終了」となっています。

【珍しい】姫路始発のサンダーバード

普段は運行しない姫路~大阪間の特急サンダーバードは「姫路~金沢の往復」で運転されます。

前回の運行は2020年2月に日本旅行が姫路始発金沢行きのツアーを発売していました。

姫路始発のサンダーバードが走るのは約1年ぶりとなります。ただ、前回は6時半くらいの早朝でしたが、今回は7時半出発となっています。

【姫路始発・金沢行き】サンダーバード停車駅・ダイヤ

「姫路サンダーバード」は姫路駅を7時47分に発車します。

次の加古川には8時12分、西明石8時35分、三ノ宮8時55分、大阪9時21分、新大阪9時25分、京都9時49分、(この間の敦賀、武生、鯖江、福井、芦原温泉には停車しません。)加賀温泉11時47分、終点の金沢には12時16分の到着です。

また、今回臨時列車ということで毎日走っている定期列車のダイヤや優先となります。そのため、後から発車する7時53分発新快速長浜行き、8時9分発新快速敦賀行きに追い越されるダイヤとなっています。

ただ、京都から先は通常のサンダーバード並みの速度で走ると思われます。

【姫路始発・金沢行き】サンダーバード停車駅・ダイヤ

「姫路サンダーバード」は金沢駅を16時10分に発車します。

次の加賀温泉には16時44分、(この間の芦原温泉、福井、鯖江、武生、敦賀には停車しません。)京都18時37分、新大阪19時3分、大阪19時9分、三ノ宮19時57分、西明石20時31分、終点姫路には20時53分に到着します。

また、ここに掲載している時刻は阪急交通社から公表されているダイヤで、予告なく時刻変更になる可能性もあるので、その点はご留意ください。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事