JR東日本は珍しい列車「常磐日光号」を運転すると発表しました。運転は高萩から日光までで、常磐線・水戸線・宇都宮線・日光線経由で運転され、定期列車では味わえない直通列車が運転されることとなりました。

常磐日光号の運転日・停車駅・時刻表

運転日は2022年5月7日のみ運転で、高萩7時13分発、日光には10時49分着で到着します。

停車駅は高萩・日立・常陸多賀・大甕・東海・勝田・水戸・友部・下館・宇都宮・日光です。

水戸線では普段運行されない7両編成での運転となり、小山駅は通過扱いとなっていることも注目です。

使用車両はE653系7両編成。全席指定席で運転されます。

この「常磐日光号」は史上初の運転となり、初めて設定がされる臨時列車となっていて、注目が集まっています。鉄道ファンなら乗りたい人は多いのではないでしょうか?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事