近鉄は近鉄特急について最大58%減便することを発表しました。今回の減便は新型コロナウイルス感染拡大による利用者減少によるものです。

ただし、名阪特急や名古屋エリアと伊勢方面の特急列車に減便はありません。

減便は1月23日からの土休日 当面の間実施

近鉄新型コロナで減便を発表

 最大58%減便

近鉄は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、2021年1月23日からの土休日最大58%減便を実施します。

大阪難波~奈良(阪奈特急) 6%減便

運休となるのは大阪難波発16時55分発と17時40分発です。6%減便となります。

京都~奈良・橿原神宮前(京奈特急・京橿特急)34%・32%減便

京奈特急で34%減便、京橿特急で32%減便となります。

大阪阿部野橋~吉野(吉野特急)58%減便

吉野特急は58%減便を行います。ただし、青の交響曲については減便は行われていません。また、吉野発は18時54分の特急が最終となります。

各方面の近鉄特急の列車は最終の特急列車の時刻が変更になっている場合がありますので、利用される方はご注意ください。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事