近鉄は近鉄名古屋線白子駅開業105周年を記念入場券を発売します。発売駅は白子駅となりますが、事前にインターネットでの受付が必要となります。

発売は限定500セット、申し込み人数が超えた場合は抽選となります。

【近鉄】白子駅105周年記念入場券の概要 名古屋線と鈴鹿線9駅がセット

今回発売となる記念入場券は白子駅の他に駅員無配置駅の長太ノ浦駅・箕田駅・千代崎駅・鼓ヶ浦駅・磯山駅・千里駅・柳駅・三日市駅の9駅もセットになって発売となります。

値段は1440円で500セット限定です。入場券の有効期限は9月10日当日限りです。

発売期間は2020年8月28日(金)10:00~9月10日(木)まででネットでの事前申し込みを行った人限定で発売となります。

インターネットでの申し込み期間は2020 年 8 月 14 日(金)10:00~8 月 23 日(日)までの申し込みとなります。(先着順ではありません。500セットを超える申し込みがあった場合、抽選になります。)

記念入場券購入の流れ
  1. インターネットで事前申し込みをする
  2. (おそらく当選のメールに)近鉄から指定された日が送られてくる※指定日以外は購入不可
  3. 指定された日に白子駅改札に出向き記念入場券を購入する

9駅セットになっている珍しい記念入場券セットを購入してみてはいかがでしょうか?

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事