2020年10月6日、ついにPASMOがApplePayとAppleWatchに対応し、本日より利用が開始されました。

PASMOがApplePay対応となることで何が変わるのでしょうか?

PASMOとApplePayとAppleWatchに対応でできることとは?

本日からApplePayとAppleWatchがPASMO対応となりました。これによりJR以外の京王線や東京メトロなどの私鉄各線の定期券をApplePayとAppleWatchに入れて利用することができるようになります。

AppleWALLETアプリから今まで使っていたPASMOのIC残高を引き継ぐことができ、端末でいつでもチャージできるようになります。

また、今までは別々に持っていたPASMOとSuicaを同じ端末で共存することができ、利用者からどちらのカードを優先して使うかということも決めることができます。

また、通常のIC利用だけではなく、定期券の利用も可能となります。これによりいつも並んでいた定期券の購入が手元の端末でできることにより、家でも定期券購入ができるようになりました。

私鉄沿線を利用している方で定期券を使っていた人はApplePayとAppleWatchに切り替えをしてみるのもいいかもしれません。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事