JR東日本は2021年夏の臨時列車運転計画を発表しました。

E257系5000番台が初の営業運転

緊急事態宣言対象期間ではあるものの、JR東日本は7月30日から8月16日で新幹線71本、在来線特急40本を増発します。そのうち房総方面には13本の特急列車が増発され、一部列車にE257系5000番台が初めて運用に入ります。

E257系9両で運転される房総特急は

  • 特急さざなみ91号(8/12.13)
  • 特急さざなみ92号(8/16)

です。0番台か5000番台かは今のところわかっていません。

また、定期列車である新宿さざなみ1号と4号は、通常はE257系500番台のところ、8/14.15はE257系5000番台で運転される予定です。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事