2021年7月19日、キハ40形気動車の甲種列車が、土崎駅から蘇我駅へ出発しました。小湊鉄道向けキハ40の甲種輸送は、2020年5月以来1年2か月ぶりとなります。

甲種輸送の様子

https://twitter.com/kiha183Koutason/status/1417020201925701637
https://twitter.com/mvUxxb96sFfHQK3/status/1417013189250715648

牽引機はEF510-2号機で、車番はキハ40 1006、キハ40 2018、キハ40 2019となっています。前回導入されたキハ40形2両は、一年近い時間をかけて営業運転に投入されています。今回の車両甲種輸送については公式発表などがなく詳細不明ですが、営業運転開始はかなり先になるかもしれません。

甲種輸送の時刻表・スジについて

奥羽本線・羽越本線・白新線・信越本線・上越線・高崎線・東北貨物線・武蔵野線・京葉線経由で運行されます。土崎を16時15分に出発し、新潟貨物ターミナルに23時13分着

7月20日はEH200に牽引機を交換し、13時37分に新潟貨物ターミナルを発車し、南長岡14時53分着15時53分発、水上 17時49分着51分発、高崎操車場18時57分着

7月21日はEF65を牽引機に、高崎操車場2時49分発、大宮操車場4時12分着30分発、越谷貨物ターミナル4時58分着5時01分発、西船橋5時39分発、蘇我6時10分着予定となっています。さらにこの後京葉臨海鉄道京葉市原駅に向かう模様です。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事