7月20日、長野総合車両センターに留置されている189系N102編成に動きがありました。

久しぶりに189系が動く

長野総合車両センターに留置されている189系N102編成が再び6連に組成されて工場へ移動しました。同編成は既に車籍を失っており、これまでも3連に分割されては6連に組成されたり、解体線に移動したりしていました。

今回は一部しか工場内に入っておらず、理由もわかっていません。以前に工場内へ移動した時も、特になにか車両に変化があった訳ではありませんが、ネット上では譲渡を期待する声があがっています。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事