JR東海は2022年3月31日発売分をもって新幹線回数券を発売終了にすると発表しました。

金券屋潰し?新幹線回数券で安く乗る時代は終了

今回発売が終了となるのはグリーン車用「東京~名古屋、新大阪」、普通車指定席用「東京~名古屋、米原、京都、新大阪」「新横浜~名古屋、京都、新大阪」「名古屋~京都、新大阪」、普通車自由席用「新富士~静岡」「浜松~豊橋」「豊橋~名古屋」「名古屋~岐阜羽島・米原」です。

主に利用が多い東京~名古屋・京都・新大阪までの区間が発売終了となっています。

近年の鉄道会社の傾向としては金券屋に利益が入る回数券を廃止し、特別企画券などで旅客に直接割引・ポイント還元をする方法が主流になりつつあり、今回の廃止もその流れを受けるものと思われます。今まで新幹線回数券で利益を上げてきた金券ショップは、収益が無くなるため厳しくなるかもしれませんね。

今回の回数券廃止もスマートEXなどでの割引商品の拡充と、ネットで自由に列車を指定できるようになったということで、発売を終了します。

現状多くの方は新幹線回数券よりもEX予約や早特商品で乗車していると思われますので、新幹線回数券が無くなったとしても利用客への影響は少ないと考えられます。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事