10月21日、JR東海とJR西日本はエクスプレス予約の「EX早割21」の設定を追加することを発表しました。

東京から博多が7500円もお得に

「EX早割21」はエクスプレス予約限定の割引で、乗車日21日前までの予約で、早朝・日中の「のぞみ」普通車指定席が割引価格で利用できます。今回は新たに首都圏~九州の区間の設定が追加されます。

・追加される区間

<おとな1名片道あたり 普通車指定席用>
東京・品川・新横浜 ⇔ 小倉・博多:15,890円
※利用人数1~6名 こども用の設定はありません。
(例)東京・品川⇔博多 15,890円

例の区間では「のぞみ」所定運賃・料金(通常期)の23890円と比べて7500円安い約30%お得になります。

設定期間は2020年11月23日から通年(設定除外日があります)で発売期間は2020年11月2日から通年です。乗車日の1ヵ月前10時から21日前23時30分まで購入できます。

※なお、11月15日(日)(※12月22日(火)乗車分)以降のお申込みより、「事前申込サービス」申込受付時間が変更となります。サービス切替準備のため、一部の期間は「事前申込サービス」のご利用に制限がございます。ご不便をおかけしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

またエクスプレス予約は通常1ヶ月前の10時から切符を買えるところ、1ヶ月前の8時に予約が確定する優遇サービスが始まります。合わせてご確認ください。

https://japan-railway.com/entry/2020/10/07/172458
鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事