1月8日、西武9000系9102Fが武蔵丘車両研修所を出場しました。

西武9000系9102Fが武蔵丘を出場

武蔵丘車両研修所に入場していた西武9000系9102Fですが、ワンマン化工事と定期検査を終えて出場し、武蔵丘→所沢→南入曽間で出場試運転を行いました。

9102Fは元々西武池袋線で活躍をしていた車両で、去年に運用から離脱しました。その後西武多摩湖線への転属のため横瀬で先頭車含む4両と6両日分割され、4両は改造などのために武蔵丘車両研修所に入場しました。

現在多摩湖線には9000系が2本(9105Fと9108F)活躍しており、9102Fも加わることになります。また京急カラーが特徴な9103Fも武蔵丘で改造中で、前例から出場は5月頃になると思われます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事