7月27日、成田線下総神崎駅付近でE217系Y-115編成のパンタグラフから火が出ました。

E217系が炎上

下総神崎駅付近で成田線鹿島神宮行きの普通列車のパンタグラフが炎上しました。当該はE217系Y-115編成(4両)です。現場は消防などで騒然となり、消火活動などのため架線の送電を一時停止し、作業員が車両の屋根に登る姿がみられました。

この影響で、成田駅~佐原駅で一時運転を見合わせました。なお、当該編成は幕張疎開中のY-18編成による救援で千葉駅構内電留線まで回送されました。

廃車の順序の影響がでるかも知れません。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事