12月7日、JR東日本は首都圏の主要路線でワンマン運転に向けた準備をすると発表しました。

山手線などでワンマン運転

JR東日本によると、ATACS(無線式列車制御システム)を導入し、ATO(自動列車運転装置)を高
性能化させるとしています。

ATACSは列車位置検知を軌道回路によらずに、走行する列車自らが前方に在線する列車の位置を検知
し、無線を使って車上・地上間で双方向に情報通信を行うことにより列車を制御する新しいシステムです。
山手線、京浜東北線(大宮~東神奈川)に導入予定です。

首都圏の主要路線ではワンマン運転に必要な車両改造工事や駅設備工事を進めます。また、一部の線区には ATO を導入し、定時性の向上や省エネ運転の実現を目指します。
対象路線は山手線、京浜東北・根岸線、南武線、横浜線、常磐線(各駅停車)などです。

ATACS 導入・ATO 高性能化は 2028~2031 年頃の使用開始を目指します。
また、ATO 導入・ワンマン運転は 2025~2030 年頃の導入に向けて、線区ごとに準備を進めます。

複数路線でE235系投入か

JR東日本労組は、2020年7月に、2024年度以降京浜東北・根岸線、横浜線へのワンマン運転機能を備えたE235系を導入予定と発表しています。また、中野電車区などでは、中央・総武緩行線のワンマン運転に向けた乗務員訓練を行ったことがあります。

JR東日本は、将来的に、車掌だけではなく運転士も削減することを目指しています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事