12月26日、常磐線友部〜内原間の踏切で、特急列車が車と衝突しました。

水戸線経由で東北新幹線へ

常磐線友部〜内原間の踏切で、特急列車が車と衝突しました。この事故で、車を運転していた男性が、車の外に投げ出され、死亡しました。

当該は特急ときわ51号で、8号車のドアが破損したとの情報が入っています。乗務員が対応していますが、運転再開の目処は立っていません。

後続の特急ひたち3号仙台行きは3時間以上遅れています。そのため、友部に臨時停車をし、友部→小山を水戸線、小山→仙台を東北新幹線で迂回乗車を行います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事