7月5日、JR東日本の駅員が乗客に対し大声で怒鳴る動画がネット上に拡散され、話題になりました。

駅員がブチ切れ怒号

Originally tweeted by 滝沢ガレソ⭐ (@takigare3) on 2022年7月5日.

山手線渋谷駅で駅員と乗客のやり取りを捉えた映像が話題になっています。動画で大声をあげて怒鳴っているのが駅員で、財布を取ってもらうよう要求しているのが乗客です。

きっかけは山手線の線路に乗客の男性が4万円の入った財布を落としたことです。動画では「なんで取ってくれないですか」「お願いしてるじゃないですか」という男性が要求していますが、駅員は「何なんだその態度は!」「お願いしてる態度か! 山手線停めてんだぞ!」と激昂しています。

動画は駅員の「警察行くから今日帰れねえからな。事情聴取長えからな」で終わっています。一体何があったのでしょうか。

乗客の男性の印象操作だった

実は、動画が撮影され前に、男性が自ら線路に降りて財布を取ろうとし、駅員何回も注意してもやめませんでした。その挙句、財布が電車に轢かれる可能性があるとして非常停止ボタンを押しました。

男性によると、5分待ったが拾ってくれなかったと主張していますが、山手線の運転間隔は当時約3分でした。駅員は財布を拾う意思があったものの、男性は静止を振り切り線路に繰り返し降りようとしたり、非常停止ボタンを扱うなど、あまりにも身勝手な行動でした。

一見動画では、駅員が一方的に悪いと思われますが、男性の印象操作で、動画も意図的に切り取られています。

今回の騒動についてJR東日本本社は「動画内に映っているのはいるのは当社の社員で間違いございません。落とし物をされたお客様が線路内をのぞき込んだり、線路内に降りようとするなど危険な行為をしており、それを制止した後のやりとりになります。危ない場合に強く制止するという対応はします。言葉遣いは適切ではありませんでした。」と話しています。

非常停止ボタンは、人や大きなものが落ちたときなど、危険を感じた場合には躊躇なく押しても構いません。しかし、イヤホンや財布など明らかに運行に影響がないものに対して扱うのは不適切です。落とし物の大きさによる判断は難しい場合は、まず駅員に申告するのが大切です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事