秩父鉄道は2022年3月12日始発から交通系ICカードを導入すると発表しました。

これにより、一部駅については窓口の営業を終了し、無人駅とすると発表しました。

秩父鉄道 PASMO対応駅は?窓口終了駅は?

対応駅は秩父鉄道全線で、定期券の発売については羽生駅、熊谷駅、武川駅、ふかや花園駅、寄居駅、長瀞駅、秩父駅、御花畑駅が対応します。

これにより窓口営業が廃止される駅があり、西羽生駅・新郷駅・武州荒木駅・東行田駅・行田市駅・持田駅・ソシオ流通センター駅・上熊谷駅・石原駅・ひろせ野鳥の森駅・大麻生駅・明戸駅・永田駅・小前田駅・桜沢駅・波久礼駅・樋口駅・野上駅・上長瀞駅・親鼻駅・皆野駅・和銅黒谷駅・大野原駅・浦山口駅・武州中川駅・武州日野駅・白久駅が廃止となります。2022年3月11日以降は係員による「抜き打ち検札」を行うということです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事