JR西日本は阪和線で使用していた223系を相次いで京都へ転属させている動きが見られているということです。

今回の動向についてなぜ起きているのか解説していきます。

阪和線の223系が相次いで京都に転属回送

阪和線223系京都転属回送
https://twitter.com/Rkaisendon/status/1502777578268270592

こちらはJR京都線を走行する阪和線223系です。阪和線の223系が新快速電車のように走っている光景は異様な感じがしますね。

既に日根野車ではHE419編成とHE420編成の2本が日根野支所から京都支所へ回送され、ネット上では「転属回送」の情報が流れています。

HE420編成はR52編成に改番 転属が確定に?

https://twitter.com/nishi_227/status/1503190748837343235

こちらは14日午前中に確認された223系HE420編成がR52編成に改められた様子です。

これは前年に6000番台2編成がR01編成、R02編成が改番されておりこれに続く形となりました。

今後は京都所属湖西線の115系117系を置き換えか

今回の転属によって京都の115系・117系を置き換える狙いがあると思われます。今後の雲行きが怪しくなってきました。長らく続いた国鉄車両の運用も2023年でもしかすると終了してしまうかもしれませんね。

奈良線の103系もサイレントラストランによって引退しましたし、これは早めに記録しておきたいものです。

おおさか東線の201系電車も引退となる中、今後の国鉄車両の動向にも注目です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事