1月24日、西武狭山線に6連の2000系2053Fが入線しました。

狭山線に珍しく6両編成が

2000系2053Fがホームドア輸送のため、西武球場前に入線しました。2053Fは国分寺線向けの車両で、狭山線としては珍しい6連での入線となりました。

西武球場前でホームドアの搬入を行い、国分寺線内に設置します。今回は国分寺駅5番線に設置されました。国分寺線の次は多摩湖線にも設置され4ドアに統一される予定です。

ホームドアのメーカーが設置駅ごとに異なり、池袋(1,7番線,特急ホーム除く)は日立製作所、練馬,西武新宿,高田馬場,所沢は三菱重工エンジニアリング、今回設置された国分寺線国分寺は日本信号でした。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事