1月29日、JR品川駅4番線で自放音源が使用されました。

ATOS故障による代替

JR品川駅の4番線でATOSの代わりに自放音源(ユニペックス型)が使用されました。ATOS故障によるものだと思われます。ATOSに更新された駅でも今回のような故障や点検の際には旧放送を聞くことができます。

接近メロディには懐かしの京浜東北線向けのチャイムが使用されました。LCD発車標と自放音源という新旧珍しい組み合わせでした。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事