10月25日、相鉄12000系12104Fが川越車両センターからかしわ台車両センターに返却回送されました。

12000系も定期運用で大宮に?

https://twitter.com/3u6SLw2gvvggPWP/status/1320254279060312064?s=19

先日に相鉄12000系としては約8ヶ月ぶりに川越車両センターに回送された12104Fですが、板橋駅電留線に留置され数日間に渡り試運転を行い、本日所属であるかしわ台車両センターに返却回送され約1週間ぶりに相鉄に戻されました。

試運転の内容は板橋駅付近での JR東日本が開発した列車保安システムのATACS(Advanced Train Administration and Communications System)と3D障検(踏切内に立ち往生した自動車などを検知して列車に知らせる3次元レーザーレーダー式障害物検知装置)の連携確認です。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事