3月19日、E653系による東北新幹線救済臨時列車が運転されました。

救済列車がオタクまみれに

東北新幹線は地震による脱線などの影響で那須塩原~盛岡で運転を見合わせいます。そのため救済措置として、特急いなほで使用されているE653系による臨時快速列車が那須塩原~仙台で運転されました。

Originally tweeted by K for sale (@K_for_sale) on 2022年3月19日.

全車自由席ということで乗車券のみで乗車することができます。移動困難者のための列車ですが、「特急車両に無料で乗れる」「青春18きっぷシーズン」ということで多くの鉄道ファンが押し寄せ大混乱となりました。

スーツケースなどの大きな荷物を持った一般人に加えて、脚立や三脚を持った鉄道ファンが押し寄せたため大混雑となりました。グリーン車も開放されるということで鉄道ファンは大興奮の様子でした。

ネット上では興味本位で乗りに行く鉄道ファンに批判の声が上がりました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事