1月5日、東急2020系2142FがJ-TREC新津事業所から出場し甲種輸送されました。

東急初のJ-TREC新津製

東急2020系2142FがJ-TREC新津事業所から出場し長津田に向けて甲種輸送されています。2020系は東急田園都市線向けの車両で8500系を置き換えます。

東急電鉄の車両としては初となる総合車両製作所新津事業所が担当しています。甲種輸送ということでJR東日本の車両を輸送する時とは異なりEH200-19が牽引しています。

J-TREC新津事業所2021年最初の出場は東急2020系になりました。雪は積もっていますが輸送に問題はなさそうです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事