2月10日、J-TREC横浜事業所を出場した東急3000系3003Fが長津田に向けて甲種輸送されました。

相鉄直通に向けた対応改造

東急3000系3003Fが相鉄直通対応改造を終え、J-TREC横浜事業所を出場し、逗子から長津田へ甲種輸送されました。

牽引は逗子~新鶴見は新鶴見機関区所属のDE11-2004、新鶴見~八王子は同所所属のEF210-161、八王子~長津田間は同所所属のDE10-1666です。

東急では相鉄直通線に向けて3000系の改造が進められており保安装置関連の改造工事が主になっています。8両編成化も視野に入れていますが、それに関する準備工事は今のところ確認されていません。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事