新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となっていた渋谷の青ガエルの移転ですが、移転に向けた準備が再開した模様です。業者が車内に入り作業をしている姿が目撃されました。

元々5月で見納めのはずだった

https://twitter.com/masu_sengun216/status/1288641163944005632?s=19

渋谷駅前に設置されている「青ガエル」の愛称で親しまれている東急旧5000系ですが、駅周辺の大規模な再開発に伴い秋田県大館市に移転展示されます。2月の報道では5月で見納め、7月には移転するとありましたが、その後新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期となっていました。

ところが7月30日に移転に向けた準備を進めている様子が目撃されました。業者が車内に入り空調設備を撤去しています。大館市に移転するにあたり空調は撤去されるようです。

移転計画が遅れていますがそろそろ見納めなのではないでしょうか。既に行き先表示には「渋谷-大館」の表示がされています。新天地でも多くの人に親しまれるといいですね。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事