7月31日、秋田車両センター所属のGV-E400系気動車が高崎支社での乗務員訓練のため回送しました。

八高北線にGV-E400系導入か

今年度からキハ40系に置き換わる形で秋田地区で運用される予定のGV-E400-9は高崎支社が乗務員訓練を行うため回送されました。なぜGV-E400系を高崎支社が使うのでしょうか。

高麗川から高崎間の八高北線ではキハ110系が運用されていますが、以前から高崎支社より新型ハイブリッド車両に置き換えるとの情報がありました。使用車両は検討中ですがGNSS無線踏切システム搭載が条件とのことで、今年度中に同システムの試験が行われ採用可否を判断する予定です。

GV-E400系は新型ハイブリッド車両と言えますし、八高線のために別の新型車両を用意するとも考えられません。新潟地区、秋田地区と置き換えが進む中、次に八高線が置き換えられても自然な流れです。高崎支社によると八高線への新型車両導入は2024年とされています。

GV-E400系はハイブリッド車両ではありません。お詫びして訂正いたします。

https://japan-railway.com/entry/2020/07/17/141641
https://japan-railway.com/entry/2020/07/07/164005

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事