撮り鉄と思われる人が撮影地に「駐車禁止」と書かれたコーンを無断で設置する事件がありました。本来駐車禁止ではないのに何故そのようなことをしたのでしょうか。

駐車禁止のカラーコーンを無断で設置

撮り鉄が「駐車禁止」の注意書きがあるカラーコーンを設置しました。車通りも少なく本来駐車禁止ではないので、鉄道会社や自治体に設置を委託されたわけではありません。

勝手に置かれたものなので従う必要は全くないのですが、コーンを無視したとして車のナンバープレートや撮影者自身の姿が晒されています。あろうことか直接注意したらしくツイートには「私はドン引きでした」と書かれています。

忘れ傘様提供

実際に晒される被害にあった方によると、カラーコーン設置は常習的な犯行で、毎回無視した人を晒しあげているようです。本人は正義感を掲げていると思われますが、実際はただの迷惑行為です。場合によっては道路交通法に抵触します。

このように撮り鉄が撮り鉄の被害にあう事件もあります。同業者同士譲り合って撮影すればいいものを独占しようとした結果がこれです。現在南海某所線の害悪撮り鉄は垢消しをし逃亡しています。まさに害悪ですね。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事