JR東日本は2021年夏から「えきねっと」のサービスを一部変更すると発表しました。えきねっとポイントを廃止する代わりにJRE POINTが付与されるほか、株主優待券を持っている人は今まで窓口のみでの購入でしたが、今後は指定席券売機でQRコードを使用して購入が可能になります。

2021年夏から「えきねっと」はどう変わる? グランクラスへのアップグレードプログラムも追加

2021年夏から「えきねっと」はどのように変わるのでしょうか?まず、えきねっとポイントが廃止になる代わりに「JRE POINT」が付与となります。今回のプレスリリースには書かれていませんでしたが、えきねっとポイントが今後「JRE POINT」に移行する措置が取られるのではないかと思います。

グリーン券への引換は従来の「JRE POINT」サービスで可能でしたが、グランクラスへの交換プログラムは今までありませんでした。しかし、今回新たに貯まったポイントを使って、普通車指定席からグリーン車やグランクラスへアップグレードできるプログラムが新規で追加になるようです。

普段ビューカードを使い、Suicaで決済している方なら結構ポイントが貯まっている方も多いと思いますし、グランクラスへ定価で乗りたくないけど、ポイントで乗れるなら乗りたいという方にはおすすめです。

新幹線・在来線特急グリーン車へのアップグレードも2000ポイントでしたので、定価よりは安くグランクラスの利用はできるのではないかと思います。

えきねっとはクレジットカードがない人でも利用可能に コンビニ支払いや金融機関振込に対応

えきねっとの利用は従来はクレジットカードのみで、学生やクレジットカードが嫌いな人にとっては利用が難しいサービスでした。しかし、2021年夏からはコンビニ決済・金融機関での現金払いが可能となり、現金主義の人やクレジットカードが作れない人でも利用することが可能になります。

コンビニ払いの場合には現金払いと書いていますので、その他のpaypayなどの支払い手段は使えないものと思われます。

ただ、JR西日本などではコンビニ払いや金融機関払いには既に対応していたので、もう少し早く対応をしてほしかったという面はあります。

株主優待を使った割引も指定席券売機でできるように QRコードで対応

新幹線eチケットサービスの中で、株主優待割引や大人の休日俱楽部の割引、往復割引が適用されることになりました。

従来であれば株主優待割引や大人の休日俱楽部の割引は「みどりの窓口」に行かないと購入ができませんでしたが、今回サイト上で登録が行うことができ、割引を適用して交通系ICカードでの乗車・切符を発券して乗車が可能となります。

2021年夏導入ということで詳細については改めて発表されるそうですが、一番の目玉はグランクラスへのアップグレードが新しく導入されるということでしょうか。えきねっとのサイトも2021年の夏に向けて新しくなってほしいですが、今回はその発表はありませんでした。一般の方からも使いづらいと不評ですし、そこは改善してもらいたいところですね。

個人的には駅名に大宮と打つと阿波大宮が先に出てくるのも何とかしてほしいですね。(おそらく、あいうえお順で出てきていると思われます。)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事