京阪電車は2020年10月1日から京阪プレミアムカーの営業内容を一部変更すると発表しました。

早朝と深夜でアテンダントが乗務しない列車が設定されるほか、深夜帯では「プレミアムカーを閉鎖し、営業を取りやめる」という発表もされました。

京阪プレミアムカー 出町柳駅22時30分以降発車の特急列車の「プレミアムカー」が「閉鎖」

 

京阪電車は平日の出町柳駅を22時13分以降に発車する「プレミアムカー」が連結された特急列車について、プレミアムカーのサービスを取りやめると発表しました。

これにより2020年10月1日からプレミアムカー連結の特急列車は出町柳22時13分発は最後となります。

あくまで、今回はプレミアムカーの営業を取りやめるという話で、22時13分以降に発車する特急列車の運行自体は通常通り継続されるということで、「特急列車の減便はされない」というのが今回の発表です。

また、休日の場合はプレミアムカーが連結される特急列車のダイヤが異なり、22時00分発の特急列車がプレミアムカーの営業がある最後の列車となります。

今回プレミアムカーの営業を取りやめる列車は「プレミアムカーを締め切りとする」ことが発表されており、プレミアムカー自体が閉鎖されてしまうため、おそらく車内での通り抜けはできないものと思われます。

また、今回淀屋橋発車の特急列車については「プレミアムカー閉鎖に関する発表」は特にありませんでした。

プレミアムカー料金は同額なのに 早朝・深夜にアテンダントが乗務しない列車が設定 不正乗車が懸念

京阪電車では一部早朝と深夜で運転している特急列車について「プレミアムカーにアテンダントが乗務しない列車・区間」が2020年10月1日から設定されると発表します。

詳細の時刻や区間については発表されておらず、プレミアムカー券を持たずに利用してしまう「不正乗車」をされてしまうことを懸念したものではないかと思われます。

「不正乗車」を懸念していると読み取れる文章も発表されており、「適宜、係員が巡回を行う場合がございます。」とあえて書いているのは、列車と区間を狙って乗ってきてしまう人がいるからなのではないかと考えられます。

アテンダントが乗務しないことによって、グッズ販売とスマホ充電器貸し出しサービスを中止されるほか、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在ブランケットの貸し出しが中止されています。(ブランケットについては現在運転されているプレミアムカーの全列車で実施されています。)

同額料金なのに車内サービスがないとなると利用客側からするとサービスダウンになりますが、利用状況などを考慮した結果なので仕方ないのかもしれません。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事