2020年5月28日から新型コロナウイルスの影響による利用客の大幅な減少を踏まえ、北陸新幹線の最速達列車「かがやき」号の定期列車を全列車運休させると発表しました。

また、「はくたか」「つるぎ」号については運転されますが、こちらは定期列車は通常通り運行します。ただし、東京~長野間で運転している「あさま号」については減便されており、特に朝から日中にかけて運転本数が削減されているので利用の際には注意が必要です。

5月28日からの北陸新幹線減便ダイヤについて 発売期間も変更

JR西日本より

北陸新幹線の減便ダイヤでは、はくたか号が毎時1本の運転となっています。また、主に朝と夕方のみ東京~長野間であさま号が運転をします。あさま号は運行本数が減らされているので途中駅の熊谷・本庄早稲田・安中榛名の利用客の方は注意が必要です。

はくたか号は軽井沢から先は金沢まで各駅停車となるため(一部飯山通過)、約3時間での運転となりかがやき号と比較して30分程度時間が多くかかりますので利用する際には注意が必要です。

関連記事

https://japan-railway.com/entry/2020/05/13/150158
https://japan-railway.com/entry/2020/04/21/172604
https://japan-railway.com/entry/2020/05/12/160141
https://japan-railway.com/entry/2020/05/11/181708
鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事