7月2日、E531系K451編成が秋田総合車両センターに配給輸送されました。その途中にとんでもないトラブルがあり常磐線のダイヤが大幅に乱れました。

鉄オタ乱入で緊急停車しブレーキ故障

E531系K451編成は機器更新のため秋田総合車両センターに入場しました。牽引はEF81-139です。途中でトラブルがあり常磐線のダイヤが大幅に乱れる事態が発生しましたが、何があったのでしょうか。

取手から藤代を配給が通過する直前に線路内侵入がありました。そのため緊急停車をしたのですが、その影響でブレーキ不緩解に陥りました。立ち往生になり後続の列車にも影響が出て、一部運休となりました。

配給はその後駆けつけた作業員によりより修理され、17時半頃動き出すことができました。この影響で営業列車も含め2時間ほど遅れが出ました。

営業列車にも運転見合わせなど多大な影響が出ました。

https://japan-railway.com/entry/2020/07/02/194952
鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事