12月21日、新型車両E235系1000番台の撮影や乗車のために早くも多くの鉄道ファンが押し寄せ大船駅が大混乱になっています。

大船駅が鉄オタ無法地帯に

東洋経済オンラインがE235系1000番台の1番列車の情報を公開したことにより、大船駅16時51分発の君津行が1番列車であることが公になりました。それにより列車到着前から撮影や乗車のために多くの鉄道ファンが押し寄せ大混乱となっています。

普段なら君津行は5番線発車の所、出発式を行う関係で7番線に変更となりました。そのためホームでは我先にと多くの鉄道ファンが全力疾走をしています。一般客がいる中で大変危険な行為です。

先頭車停車位置付近に写真撮影のため人が密集し、駅員が出動する事態になっています。また早くから乗車位置に並ぶ人の影響で、ほぼ全ての乗車位置が鉄道ファンで埋まり通勤時間並の混雑となり、先発の列車に乗る乗客の妨げになってしまっています。

また鉄道ファンが線路内に荷物を落としたことによる横須賀線の遅延が発生しています。複数回にわたり発生したため駅員による「線路に物を落とすな」という警告放送がされました。

これから嫌という程見られるのにとても必死そうです。山手線もデビュー登場は大人気だったのに今ではかつての勢いはありませんね。そのうちE217系の葬式にシフトすることでしょう。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事