12月21日、新型車両E235系1000番台が営業運転を開始しました。1番列車では早くも大混乱となっています。

1番列車の車内では様々なトラブルが

E235系1000番台の撮影をするために大船駅には多くの鉄道ファンが押し寄せ無法地帯と化しました。車内では席の争奪戦が起き、大船駅の時点でグリーン車は満席となりました。

また1番列車に充当されたF-01編成の6号車のトイレの扉が何者かによって破壊されたとのことです。現在は手動扱いとなっています。一部では自動ドアスイッチを切っただけではとの声が上がっていますが、真相は不明です。

また保土ヶ谷駅手前の踏切で障検が作動し、緊急停車する事態になりました。大船駅発車時点で2分遅れでしたが、混雑と緊急停車で5分以上の遅れが出ています。撮り鉄による線路内侵入ではなく誤動作でした。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事